人気ブログランキング |

奈良の子ども白書づくり実行委員会のブログ


by kodomowomamoru

3月29日特別報告「奈良の子どもたち~4000名の子ども調査から~」

今、奈良では、なら県民教育研究所を中心に
「子どもの教育と生活に関する調査」
奈良県の子どもたち約4000名にとりくんでいます。

子ども調査のキーワードは、
ストレス、競争、生活習慣、自己肯定感・有用感、仲間などです。

この調査は、
子どもたちのストレスの状況(抑鬱・不安、不機嫌・怒り、身体反応、無気力)と、
それが学校、家庭における生活のどこに起因しているのかについて
検討・分析する研究の一環として実施するものです。

子どもたちは、現在、勉強、部活、塾などの時間に追われるとともに、
様々なモノに囲まれ、テレビ・ビデオ、ゲームなどの
様々な情報に取り囲まれて生活する中で、
食事の時間、寝る時間、起きる時間などの
基本的な生活習慣がくずれてきているといえます。

他方、子どもたちは、家庭や仲間、教師との関係で安心し、
居場所を見つけ、励まされ力づけられたりしますが、
逆にそれがストレッサーになっていることもあります。

以上の点について、その相関を追究するとともに、
ストレスを取り除く要因について調査を通して明らかにしたいと考えています。

この子ども調査の取り組みを子ども白書づくりにつなげ、
2008年3月開催予定の子どもを守る文化会議奈良集会で
公表することを目指して集計、分析を急いでいるところです。

調査結果は、29日の全体会で「奈良の子どもたち」として報告し、
30日の分科会①「子どものからだと心を育てる」で
参加者のみなさんと討議できたらと考えています。


c0147567_23401423.jpg

by kodomowomamoru | 2007-11-19 23:16 | 奈良の子ども白書