人気ブログランキング |

奈良の子ども白書づくり実行委員会のブログ


by kodomowomamoru

桜咲く大和路バスツアー⑨「『神武天皇陵』・橿原神宮」

c0147567_20414196.jpg

いよいよツアー最後の地「神武天皇陵」です。

c0147567_20595860.jpg神武天皇は、古事記、日本書紀で初代天皇とされている人です。
戦前の教育を受けられた年配の方々は、
「神武、綏靖、安寧、懿徳・・・」という歴代天皇暗唱のトップでしたし、
長髄彦(ながすねひこ)軍との戦いで、
金色に輝く鵄(とび)のとまる弓をもった
ヒーロー神武天皇の姿を思いうかべるのかもしれません。

しかし、これまで紹介してきた古墳とは違い、
ここを神武天皇の御陵と定めたのは幕末の文久3年(1863)のこと。
「神武天皇陵」に比定される前は
田んぼのあぜ道に盛り上げられた土饅頭程度だったようです。
それを、幕末から明治の大修築を経て、
さらに、大正年間に立派な円墳に造りかえられました。

日本書記によると・・
神武天皇は、辛酉(かのととり)の年1月1日に
天皇は橿原宮に即位しました。
この年を天皇の元年とすると、日本書紀ではなっています。
これが、今の暦になおすと、紀元前660年2月11日なんだとか。
ん? BC? 弥生時代です!

ちなみに、在位は76年間だったそうですが、
計算すると137歳まで生きていたってことになってしまいます。
そして、1874年より2月11日が紀元節(現在の「建国記念の日」)に定められました。

現代のアカデミズムに属する学者による標準的な日本古代の歴史叙述では、
この時代は主として考古学を証拠として記述されており、
「神武天皇はいたであろう」というようなスタンスで書かれたものは存在しません。
学問的な厳密さからすれば当然のことであろうと思われます。

国家による「歴史の偽造」が行われたのです!

さらに、1889年(皇紀2550年!)には畝傍橿原宮があったとされる
畝傍山近くに、神武天皇を祭神とする橿原神宮が建立されました。

そして、昭和13年から神宮と神武陵の拡張整備をしているのですが、
昭和15年が皇紀2600年にあたります。
(ちなみに「ゼロ戦」の「ゼロ」はこの年にできたからだとか)

これも、キリのよい年に向けて、国をあげて皇紀2600年を祝おう・・・
ということで、この周辺を「青少年に国体観念を涵養する」ための「橿原道場」
(現在は「橿原公苑」)として整備したようです。
この建設のためには、勤労奉仕で多くの「臣民」がよろこんで汗を流したと・・・
「建国奉仕隊」として、献木の樫の木植えに参加したという
浜田博生(当時少年)さんが言っておられました!?
作業日数延べ500余日、7200団体、延べ121万人もの人が動員され
献木も、約8万本とか・・・すごい数字です。

大和高田市のある小学校の建国奉仕隊
c0147567_1275538.jpg


このような大がかりな「歴史の偽造」がなぜ行われたのか?
それは、「天皇は日本の建国の祖にして万世一系の血筋正しき存在」
という神聖性を具現化する方法として
国家が、古墳という歴史的産物と天皇を祭らせる神社を
そのひとつの装置として利用したのです。

そして、橿原道場では、「健全なる日本精神を涵養する」ための
行事や訓練が連日行われ、国の富国強兵政策のもとで、
橿原は「建国の聖地」として、靖国神社とともに
国民を戦争へと向かわせる一大装置となってしまいました。

今でも、2月11日になると、全国からありとあらゆる右派団体が集まり
日の丸や軍艦旗が振られ、教育勅語が配られ
これが本当に21世紀の日本なのかと疑いたくなるような光景を目にします。
日本最大の右派・保守系団体の日本会議は
日本の伝統文化を学びに奈良・京都へ修学旅行に行かせるべきだ
という主張と方針をもっていますが、
奈良といってもこの橿原神宮と「神武天皇陵」にいかせたいのです。

『新しい歴史教科書[改訂版]』(扶桑社)は、1ページにわたり
「神武天皇の東征伝承」という神武神話を紹介し、最後に次のように記述しています。
「大和朝廷がつくられるころ、すぐれた指導者がいたことは、たしかである。
その人物像について、古代の日本人が理想をこめてえがきあげたのが、
神武天皇の物語だったと考えられる。
だから、それがそのまま歴史上の事実ではなかったとしても、
古代の人々が国家や天皇について持っていた思想を知る大切な手がかりになる。」

私たちはツアーの最後に、「負の遺産」としてのこの近代遺跡を
みなさんと巡りながら、一緒に日本という国の過去と未来を考えたいと思っています。
c0147567_21583535.jpg

by kodomowomamoru | 2008-01-03 21:00 | 3/31桜咲く大和路バスツアー