人気ブログランキング |

奈良の子ども白書づくり実行委員会のブログ


by kodomowomamoru

<   2008年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧

奈良の子ども白書(案)

                    2008.11.15  奈良の子ども白書づくり実行委員会

■ 編集方針
・読者の対象を、専門家におくのではなく、「フツーの保護者」におき、読んで役立ち、元気の出る「白書」となるように編集する。
・そのために、文体を易しいものにしたり、イラストカットを多用したりして読みやすいものになるよう工夫する。(イラストレーターはマーノさんに依頼)
・メインタイトルは「子ども白書」ではなく、別の名称を検討する

第一部 「子ども調査」報告と考察  90ページの予定
・「子ども調査」は、奈良教育大学研究グループとしてさらなる分析を進め、実行委員会と共催でシンポジウムや報告会を開催する(12月7日の予定)
・調査報告と考察というかたちで掲載〈今回のメインとして〉

第二部 奈良県の高校入試制度の問題について 27ページの予定
・この本のテーマである「子どものストレス」を考えるときに、密接につながるテーマであるので、重視して編集する。

「奈良県の高校入試制度『改革』」
    白川 武示 登美ヶ丘高校
    六十谷 進 辰市小学校

第三部 「奈良の子育て・教育のとりくみ」の報告と考察 53ページの予定
・研究レポートというよりは、元気の出る読みもの的な「奈良の子育て・教育のとりくみ紹介」とその考察文というかたちで掲載
・第53回子どもを守る文化会議の分科会を基本に、テーマ・課題ごとに章立てし、編集委員を確立する 
・「子育て・教育のとりくみ」などの執筆者の選考をし、実行委員会で編集する。

【掲載レポート】

「なんなん?おもしろ体験隊」
    楠木 宏実 (財)奈良市生涯学習財団  南部公民館
    考察文 佐野 万里子 (財)奈良市生涯学習財団

「東小ソーラン誕生」
    宮地政弘・中谷計江 斑鳩東小学校
    考察文 西浦 弘望 生駒南第二小学校

「わが子の不登校の体験について」
    油上 清美 奈良県登校拒否を克服する会
    考察文 長尾 強志 奈良県登校拒否を克服する会

■ 白書の体裁
・176ページ版(1ページ 一行40字×16行=640字) ※写真、イラストカット、資料含む
・第一部 90ページ(640字×90㌻=57600字[400字原稿用紙144枚分])
(グラフや表よりイラストカットを多用)
 第二部 27ページ (レポート27ページ17280字[原稿用紙43.2枚分])
 第三部 53ページ(1レポート13ページ8320字[原稿用紙20.8枚分]考察文4ページ2560字[原稿用紙6.4枚分]×3レポート)
その他 6ページ 目次、扉、はじめに、あとがき など
 東京の出版社ルックから3月出版を追求  600部出版
by kodomowomamoru | 2008-11-15 17:29 | 奈良の子ども白書